■しおざわコシヒカリの美味しい炊き方



美味しいお米をさらに美味しく炊いてみましょう!良質なお米を美味しく召し上がっていただくために、ちょっとした技をご紹介します。




お米を計量カップ(1合は150g)で正確に計る。

山盛りにしてから箸ですり切りにする。
または、はかりで重さを計量します。



お米をボウルに入れ、一度お米に水を注ぎ、水を吸わせましょう。

※注いだ水はすぐに捨ててください。
※お米は約10秒で水を吸います。
ワンポイント
「よい水」を選ぶことが大切です。米を洗う場合、水道水よりもミネラルウォーターか国産の軟水系自然水を使いましょう。お米は最初に水を注いだときにいちばん水分を吸収しますので、よい水を使いましょう 。
ご飯を炊くのに適した水は、硬度100未満の軟水です。
市販の水を使う場合はPH値が9.0未満のものにしましょう。



次に表面の汚れを落としましょう。
お米をボウルに入れ、一気に水を注いで2〜3回手早くかき回し、すぐに水を捨てます。
汚れを落としたら、洗米を行います。
お米とお米を軽くすり合わせる程度にやさしく研ぎ
水を入れ軽く混ぜたら水を捨てます。2〜3回くり返します。



お米をざるにとり、水を切ります。



水切りしたお米を炊飯器に入れ、水を入れます。
「よい水」を使いましょう。
水量 は、炊飯器の目盛りで測るのが通常ですが、正確にはお米の重量の1.2倍が基本です。
<例:米1kgの場合、水1.2kg>
※新米・古米を使用する場合や季節により、水の加減量は若干変わります。
そのまま、30分(夏)〜1時間(冬)くらい浸してから
炊飯スイッチを入れます。



ぬらしたしゃもじを内釜の壁に沿うようにして入れ、底から上下を入れ替えるようにして手早くまぜます。
ごはんをこねないで、切るようにまぜるのがポイントです。

※お米を洗う際、白いとぎ汁がなくなるまで洗う必要はありません。

白く濁るのは、汚れではなく、お米の旨み成分です。
洗いすぎますと、せっかくの旨み成分が溶け出してしまいます。
また、水に浸しすぎることも、できるだけ避けましょう。



 ■こめ蔵トップページ
 ■こめ蔵日記
 ■美味しいコシヒカリ!
 ■天地米誕生!
 ■コシヒカリの美味しい炊き方
 ■オンラインショッピング
 ■お買い物方法
 ■店舗・ご来店案内
 ■特別栽培米農薬等使用状況
 ■JAしおざわホームページ
 
 ●ご注文専用フリーダイヤル
     0120−047158
 ※特定商取引に関する表示
 ※個人情報保護について
 

● ワンポイント情報  
※ご注文はお電話でも受け付けております。
※大口のご注文やご贈答用など、お電話にてお申込み下さい。

ご注文専用フリーダイヤル
■ 0120−047158 ■

 

  ▲PageTop. 〒949-6435 新潟県南魚沼市目来田68 JAしおざわ こめ蔵 電話:025-782-4688